戸塚長生館ののほほんBLOG

乗り物による腰痛

投稿日:2019.08.15

暑い日が続きますね‼ お盆休みや夏休みを取られ

ている方が多いと思います。

休み中、自動車や電車などで帰省したり、旅行に行

かれている方の為に乗り物による腰痛の予防法を掲

載します。

 

乗り物に乗る時は座席と背もたれを直角にして乗る

ようにして下さい。

腰、骨盤が沈むと骨盤がねて、腰椎が後弯ぎみにな

り腰痛が発生しやすくなります。

その様な状態を予防する為にバスタオルを1枚用意

して下さい。座席と背もたれが直角にならない場合

にはバスタオルを子どもが使う座布団位の大きさに

折って、背もたれの腰と骨盤に当たる位置に当てて

座れば腰痛の予防になります。

 

尚、自動車に乗って1時間半位乗りましたら自動車

を止めて、休憩をとり2~3分位歩く事も腰痛予防

に良い事です。

電車でも同様に車内を歩いて下さい。

皆様、どうぞ楽しい休暇をお過ごし下さい。

 

今日はこれにて!   ではお元気で!

 

ページのトップに戻る >>

動揺性肩関節

投稿日:2019.08.01

動揺性肩関節とは、とくに全身的疾患や明白な骨、

軟部組織の異常、外傷(脱臼など)によらないで

主に下方への肩関節動揺性が著しいものを言いま

す。

不随意下方、多方向不安定症として、下方のみな

らず前方、後方、前下方、更には前上方、後下方

への不安定性があると言われています。

 

20才代の女性に下方動揺性が多く見られるものの

主訴である脱力、疼痛、オーバーハンドの投球動作

不能などを訴えるのは20~30才代の男性に多い

です。

 

全身の関節弛緩を認めるものや、軽微あるいは繰り

返される小外傷(特に投球動作)による場合が多い

とされています。又、棘上筋と肩甲下筋との間隙に

拡大炎症がある事もあります。

 

当館では関節矯正の施術を行い関節、諸筋、諸靭帯

のバランスを整え、改善をはかっています。

尚、肩関節の筋、靭帯を強化することは有効であり

ますので筋トレの方法を細かく指導しています。

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

今日はこれにて!   ではお元気で!

ページのトップに戻る >>

肩甲骨高位症

投稿日:2019.07.15

肩甲骨高位症は肩甲骨が異常に高位に位置している

が、本来胎生3ヶ月で下降すべき肩甲骨が先天性に

高位に留まったものであります。

男児に多くみられ、一側性ことに左側に多いです。

頚部から肩にかけて輪郭が対称的でなく、患側の肩

は高く後頭部に接します。肩関節の外転運動が制限

されます。肩甲骨は小さく、前方への湾曲を認める

とともに内側へ位置します。その上内角から頚椎の

棘突起、椎弓あるいは横突起へ向けて菱形の骨、

軟骨塊、あるいは線維性束状物が認める事が有りま

す。鎖骨も高位となります。

 

当館では脊椎矯正、関節矯正の施術を行い改善をは

かっています。重症の場合は病院にて手術が必要な

場合もあります。

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

 

今日はこれにて!    ではお元気で!

ページのトップに戻る >>

反復性肩関節脱臼

投稿日:2019.07.01

今回は肩関節の反復性脱臼を掲載させて頂きます。

一般的には習慣性脱臼と呼ばれています。

反復性脱臼は最も多く見られる肩関節脱臼で、殆ど

は前方脱臼です。

外傷性脱臼に続発して起こる事が多いです。

20才以下の方では80~92%、30才代の方で

は60%、40才以上の方は10~15%が反復性

脱臼へ移行し、外傷性脱臼の70%以上が2年以内

に初めての再脱臼を経験すると言われています。

 

反復性肩関節脱臼の原因としては、初めの外傷時に

肩関節が損傷を受けるため、外転、外旋位で骨頭の

安定性が悪くなるためであると言われています。

 

当館では肩関節脱臼の固定が終わった後に関節矯正

の施術を行い関節のバランスを整え、又、肩関節の

周囲の諸筋、靭帯を強化する事で反復性肩関節脱臼

を少なくするために筋トレの指導を細かく指導して

います。

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

今日はこれにて!   ではお元気で!

ページのトップに戻る >>

三角筋拘縮症(肩関節)

投稿日:2019.06.15

三角筋拘縮症は、幼少時の三角筋への頻回の注射に

よって発病する事が多く、三角筋、ことにその肩峰

部が主として侵されます。

三角筋の萎縮と共に索状物に触れ、肩関節の外転位

拘縮のために、上肢が体幹につかず、強いてつけさ

せると肩が下がります。又、肘を体壁につけて手掌

が反対側の肩につかないです。肩関節の外転運動も

制限されます。

肩甲骨は翼状肩甲骨を示し、肩甲骨轢音症を呈する

事があります。

脊椎に円背、側弯などを伴う事もあります。

 

当館では、肩関節の関節矯正、及び肩関節の諸筋の

バランスを整える施術を行い改善を図っています。

又、脊椎の円背、側弯も脊椎矯正の施術を行い改善

を図っています。

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

今日はこれにて!   ではお元気で!

 

 

ページのトップに戻る >>

他に痛みはないですか?