戸塚長生館ののほほんBLOG

関節軟骨の加齢による変化

投稿日:2018.09.15

老化した関節軟骨では硝子不透明、青白色の色調を

失って、しばしば黄色になります。関節軟骨最表層

では軟骨細胞の壊死と基質プロテオグリカン多糖の

減少が見られ、また不規則な亀裂が生じます。

この亀裂に接する部位の軟骨細胞は細胞分裂によっ

て増殖し房状に集合します。

また亀裂を生じた関節軟骨は軟化します。

 

この様な変化は関節ごとに、またその部位ごとに

程度も違います。一般に荷重がかかる関節や年齢が

進むほど顕著であります。

 

関節に痛み、こわばり、異常がありまししたら一度

ご相談下さい。

 

今日はこれにて!   ではお元気で!

 

ページのトップに戻る >>

腰痛と坐骨神経痛

投稿日:2018.09.01

当館に腰痛、坐骨神経痛で施術を受けに来られる方が

多いのですが、腰痛、坐骨神経痛と一言に言っても、

その病態は多種多様です。

重だるい感じ、圧迫感、鈍痛から痺れるような感じ、

放散通、電撃痛など疼痛の症状も様々です。

また、体動に関係しての痛み、全く無関係な痛み、

或いは持続的な痛み、再発性の痛みなどがあり決して

一つではありません。

部位的にも腰痛のみでなく殿部痛、大腿部痛、あるいは

下肢痛などを伴う、実態は色々です。

つまり腰痛、坐骨神経痛とは症候名であり診断名では

ありません。

 

腰痛症の原因として以下のように分けられています。

1.脊椎疾患由来のもの

2.神経疾患由来のもの

3.内臓疾患由来のもの

4.脈管疾患由来のもの

5.心因性由来のもの

当館ではカウンセリングを十分に行い、状態に合った

施術内容を説明し施術を行っています。

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

今日はこれにて!   ではお元気で!

ページのトップに戻る >>

他に痛みはないですか?