戸塚長生館ののほほんBLOG

膝痛(後十字靭帯損傷)

投稿日:2022.07.01

前回は、前十字靭帯損傷を掲載しましたが、今回は

後十字靭帯損傷を掲載します。

前、後十字靭帯は膝関節内で大腿骨と脛骨をつなぐ

靭帯です。

後十字靭帯を損傷しますと、踏み込んだ時に強い痛

みが生じます。又、関節が前後にぐらつきます。

膝関節を曲げた時に捻れる感覚があります。

症状は、前十字靭帯損傷に似ています。

原因としては、転倒時に膝を激しく地面に打ち付け

た時、膝関節が前面から強い衝撃を受けた時などに

発生しやすいです。

発生時には前十字靭帯損傷と同様に、すぐにアイシ

ングをし安静にして下さい。

膝関節に負担がかからないようにテーピング・スポ

ーツ用の強力なサポーターなどを使用する事も良い

事です。1週間位は膝に負担がかからないように

生活して下さい。その後痛みが軽減してきましたら

少しずつ膝関節を動かすリハビリを行って下さい。

 

当館では、発生後早い時期に膝関節のバランスを整

える関節矯正を行い回復を早める施術を行っています。

膝痛には膝を動かす筋力の強化トレーニングはとても

有効です。その指導も細かく行っています。

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

当館では、新型コロナウイルスの対策を充分に行って

いますので、安心して施術をお受け下さい。

 

今日はこれにて!   ではお元気で!

ページのトップに戻る >>

他に痛みはないですか?